2016年の振り返りと、未来のお話。

ジェッジジョンソン藤戸です。
2016年もあっという間に過ぎていきました。今年いろいろ有った出来事をまとめました。まとめると結構濃い年だったなぁと。異常に長い文章ですのでお暇な時に読んで下さいませ。時間潰しに最適です。

 

 

 

 

 

1月|
死にかけた。人生初の意識不明に。

 

 

2016_00000001

開幕からとんでもないタイトルで始まった2016年です。

 

タイトルのまんまです。
死にかけました。

 

1月某日、都内某所の(ライヴハウスの)階段頂上3.5mから一番下のフロアまで転落。転落の原因は睡眠時無呼吸症候群による失神。そのまま集中治療室で緊急輸血と蘇生措置が行われ、奇跡的に助かりました。対応をしてくれたライヴハウスのスタッフ達の後日談では「マジ死んだ、というか死んでる」と誰もが思ったそうです。約4時間ぐらい意識不明で、気づいたら両親がビニールシートのカーテンの向こうで写真を撮っていた。おいこら。

 

頭蓋骨骨折・頭部3箇所裂傷・顔面2箇所裂傷で合計30針、眼球裂傷・肩は打撲し足は折るし腰は痛めるし「ラーメン二郎の全部のせ」です。

 

医者も驚く奇跡的の生還。悪運の強さは伊達じゃない、というかせっかく病気から復活して念願のiTunesオルタナチャート1位獲って業務依頼バカスカ増えてこれからだってのに、ここで死ねるか!!!!!

 

突然意識を失った結果のコレですが、思い返すと作曲中にも意識飛んで、気付くと寝ている事が多々あったんですよね。単なる寝不足かと思ってたんですが。皆様もご注意を。

 

どうでもいいけど転落の話を聴いた友人知人関係者全員から「呑みすぎて落ちた」と言われます。とても心外です(震)。

 

2016_00000002

流石に怖いので、お祓いに行きました。お祓いの際は、家の「家紋」と同じ神社に行くのが通例だそうです。藤戸家は「五三の桐」なので明治神宮。ここで悪いの全部他の人になすりつけtピーガガー!!宮司さんにお祓いして頂き、真っさらな人間に生まれ変わりました。この後、ホント悪いことが起こらなくなりました。信じるも信じないも当人次第。兎にも角にも新型の義体を手に入れたこの感覚、素晴らしい!!

 

 

 

 

 

2月|
しわ寄せからの缶詰生活に。
機材のグレードアップはじまる。

 

 

2016_00000003

1月の転落事故で全ての業務がストップし、そのしわ寄せが雪崩のように襲い掛かってきました。アルバム発売は5月。遅延したら金髪プロデューサーに殺される。ジェッジジョンソン恒例「一人称デスマーチ」が鳴り響きました。

 

そういった中、今までの機材が少しづつグレードアップ。ハイエンドポータブルオーディオ・Astell&Kern(アステル アンド ケルン)社の新作「AK320」は衝撃でした。この音質でポータブルかよ。マジでビビりました。

 

 

 

 

 

3月|
MV「太陽の帝国」撮影。

 

 

IMG_8836

アルバム発売に向けて着々と準備が整う中、3月の思い出に残るのはMV撮影かな。監督はジェッジのVJ朝倉涼。撮影にご協力くださった零央さん、小林くん、ホントありがとうございます!!

 

ジェッジジョンソンの初期の名曲「太陽の帝国」を完全リメイク。僕の悲願でもありました。当時の僕には出来なかった事を現在の僕が受け継いで作り直す。僕の音楽人生に於いて、とても大きな「事業」でもあるのです。

 

 

 

 

 

 

2016_00000005

3月の思い出はもうひとつ、親友の門田くん(BURGER NUDS/グッドドッグハッピーメン/Poet type.M)と浅草でガチ呑み。間違いなく2016年で一番愉しい呑みでした。
彼とは出会って15年経とうとしていますが、親友と言うには憚られるくらい尊敬するアーティストです。お互いに未来の話を正直に語り合いながら12時間くらいぶっ続けで呑んでました。途中でドラムのマイマイも参加してカオスになりましたが・・・。

 

 

音楽で語り合える親友が居ることの大事さを痛感しました。
ありがとう。

 

 

 

 

 

4月|
アルバム完成。発売準備に追われる。

 

 

img_8947

 

完成したら終わりじゃありません。今度は発売の準備が始まります。同時に半年ぶりとなるライヴのリハーサルも開始。ジェッジの音響・下平研さんがオーナーを務める群馬県・高崎FLEEZに通いつめ、リハーサルを重ねました。

 

 

img_8970

この前後から、ハイエンドオーディオメーカー・ORB社より、同社の最新ヘッドフォンアンプのプロトタイプを託して頂きました。これがまたバケモノみたいなヘッドフォンアンプです。アナログの暖かさを保ちながら、デジタル特有の、高音域の反応速度を併せ持つヘッドフォンアンプ。ヘッドフォンでのモニタリングが楽しくなりました。

 

 

 

 

 

5月|
5thアルバム
「ストライクリビルド・アッパー」

全国のショップ/iTunes Storeなど
一斉発売開始。

 

 

SRU_1920

インディーズ時代にリリースし、現在廃盤になりながらもライヴで演奏している楽曲を中心に、再アレンジ再録音再ミックス再マスタリングという、文字通り「リビルド」したアルバムです。本当にもう、制作が大変でした。過去の自分に向き合って「当時の僕よりよいものを作る」という目的は、当然の如く「その当時の自分のセンスを否定する事」であり、メンタル的に辛い部分もありました。良い部分を更に良く、足りない部分を補いつつ、ジェッジジョンソンの成長の証を皆様に届けられたと思います。

 

 

2016_00000010

5月29日、リリースワンマン公演はお馴染み代官山UNITでのワンマン。自分で言うのもアレですが、人生に於いてナンバーワンのライヴでした。集中力・歌唱力・パフォーマンス、全てに於いて理想通りのステージでした。

 

テクニカルブレイクス前後で僕の歌い方、声質は別人ぐらいの違いがあります。病気に倒れ、音楽が出来ない時も歌唱スキルや呼吸法のアドバイスを下さったKANNA先生、響先生のおかげです。

 

 

 

2016_00000007

5月の思い出と云えば、氷室京介さんのラストワンマンです。僕に音楽の、バンドの素晴らしさを教えてくれたヒーローの、奇しくも最終公演日を観劇しました。

 

 

 

そして5月31日、
僕の未来を大きく変える、
小さい頃に描いた夢を現実に変える、
一本の電話を頂きました。

 

 

 

思い出と現在と未来、
全てが交錯した5月でした。

 

 

 

あ、僕の誕生日は5月です。
誕生日は安定かつ恒例の「しぶや花魁」で無事に迎えることが出来ました。ありがとうございます!!

 

 

 

 

 

6月|
念願のマイスタジオ建設開始。
そして完成。

 

 

r0002299

僕はプロのアーティストです。

デビュー当時、「プロ」という言葉を自ら使うことは滅多に有りませんでした。

 

理由は簡単。当時の僕はメジャーデビューしてもゲーム会社を辞めていなかった。

 

「プロフェッショナル」は「本職」という意味です。どちらも本職である以上、僕にはプロという単語を簡単に使用することに対して抵抗が有りました。

 

病気療養から活動再開した2016年現在、僕は「僕自身の音楽の性能」が生み出す収入のみで生活しています。

誰もが認める「プロフェッショナル」になりました。これも皆さんのおかげです。ありがとう。

 

その結果、念願のマイスタジオを作ることが出来ました。でも一般的なスタジオを作ることが目的ではなく、3つの目的をコンセプトにしたスタジオです。

 

①生活の延長線上のインテリア。
音楽スタジオっぽくない内観

②限界までアナログ機器を廃した
「これからのスタジオ」を目指した設備

③世界中のどこからでも、
このスタジオにアクセスして
制作が可能な環境

 

上記コンセプトを目的としてスタジオ設営が始まりました。

これでも完全な完成ではありません。というか完成など存在しません。これからもマイナーチューンを加えながら、最高の制作環境を構築します。

 

 

2016_00000008

スタジオの守護神・巨大チョッパーも健在。余談ですがスタジオに来る人、みんなこのチョッパーにお供え物を置いていきます。
賽銭箱作ってみようと思います

 

 

 

2016_00000011

そして6月はプラモを作りました。

なんでプラモを作ったのか、それは「僕には趣味が無かった」からです。趣味が本職になった人間なので。

音楽を与えたら気絶するまで制作してます。最悪です。プロの独身たるゆえんです。

なんとでも言え

音楽以外に趣味を見つける事が、新しい視野を手に入れるきっかけになるかなと(ゲームは、あれは仕事です)。

 

 

2016_00000012

そんな一環でプラモ制作作り。これがまためちゃくちゃ愉しい!逆に「モノ作り」に於いて超勉強になりました!

当時の様子はこちらにまとめられています。暇つぶしに読んでみて下さい。

 

 

 

 

 

7月|
嬉しい楽曲制作依頼。
そして、決断の7月。

 

 

ジェッジジョンソン以外での音楽制作も活発になりました。楽曲制作だけでなく、アーティストのライヴプロデュース/スーパーバイザー、そしてなぜかゲームサウンド開発部立ち上げのお手伝いなども。全ては音楽で繋がり、僕の生活自体が音楽の日々です。

 

昨年末、とある方から楽曲制作の依頼を頂きました。僕のあこがれの人です。デモをお渡ししましたが、その後連絡がなく、あーダメだったかと思って半年、突然制作が始まったとの一報が。アルバムに提供曲が収録されるとのことで、ブラッシュアップして再度お渡しました。うおー!!もうそろそろアナウンスです!「あの方」が歌うジェッジジョンソン(僕が作ったということは、そういう見方にも取れるわけです)ぜひぜひお聴き下さいませ!

 

追記2016.12.19:発表になりました。

 

「エヴァンゲリオン」の碇シンジ役、「ダンガンロンパ」の苗木くん役など多くのキャラクターを演じられている声優/歌手・緒方恵美さんの最新アルバムに楽曲/編曲として参加させて頂きました。大好きなシンジ君の声が、僕の楽曲を歌って頂けるなんて光栄です。「ヴォーカルをシンジ君に入れ替えたジェッジジョンソン」という妄想も出来ます。あくまで妄想です。小さい頃の僕は思い描いた事もあります。それが現実に。感無量です。

 

 

 

そして運命の日です。

 

 

 

5月31日に連絡を頂いたエージェント経由で、「来日中のプロデューサー」と7月25日、新宿の某高級ホテルのロビーで打ち合わせ。

僕の音楽を以前から知っていた事(なんとデプス・オブ・レイヤーズ・ダウナー)、エージェントを通して現在の活動を耳にしたこと、そして僕が手掛けた海外のCMの曲も褒めて下さいました。

全てを総合的に判断し、自身が率いるハリウッド映画音楽の制作チームに声を掛けて下さいました。

7月25日のTwitterにも、その日のメチャクチャ錯乱状態が色濃く表れています。

ジェッジ最古参のスタッフまで呼び出して現状の説明及び共有。

 

 

もろもろ話して、そして、決断しました。

 

 

 

 

 

8月・その1|
Kiyoshiさんと共演

 

 

2016_00000013

「HIDE with spreadbeaver」「Media Youth」「MADBEAVERS」のギタリスト、Kiyoshiさんのアンプラグドイベントにゲスト出演。マイマイも強制的に拉致して三人で「オーパス・アンド・メイヴァース」を演奏。ホント可愛がって頂いております。

「ピンクスパイダー」のイントロ、リハーサルで、しかも生で聴けるとは・・・。

打ち上げには親友・松丸ノブヤスも参加して大騒ぎでした。

今後とも制作でお手伝い出来ることが有れば馳せ参じます!その前に呑みを!!いつでも!!よびだしtピーッツ!!ガガガガッツ!!!

 

 

 

 

 

8月・その2|
KANNA先生の音楽学校に
講師として夏合宿に参加。

 

 

2016_00000014

先にお話、しときます。
コレ読んでる生徒さん達、
みなさんとの出会いは
僕にとっても素敵な出会いです。
今後ともお手伝い申し上げます。

 

KANNA先生&響先生からのお願いで、KANNA先生の音楽学校の夏合宿に「特別なんもしないけどなんか役に立ちそうな講師(個人的見解)」という、非常にフワッとした立ち位置で参加致しました。

 

実際は「ライヴや運営に於けるガイダンス」を講演させて頂きました。

 

響先生やKANNA先生ほか、周囲は周知の事ですが、この場を借りて少しだけ「覆面」のお話をさせて頂きます。

僕には活動再開の前後から、プロデューサーという「窓」が出来ました。アーティストやアイドルの育成や指南、ステージなど現場だけでなく予算管理まで含めて全ての統括役です。その実務の経験と知識の一部を、夏合宿という場で生徒さん達に総合的な御提案をさせて頂きました。僕自身はアーティストでもあり、パフォーマーでもあり、そしていまはプロデューサーでもあります。今までの経験も、これからの経験も、次の後輩たちのお役に立てればと思います。

 

 

2016_00000015

見たまえ!この「強烈な青春」の匂い!!

若いっていいわー。みんなのことを観てから、僕は今後、永遠の27歳とかほざいて更なる年齢不詳の道を突き進みながらワンチャンsタッタッタッタッグサァァッツぐあぁぁぁぁぁぁあぁぁあ

 

 

 

 

 

8月・その3|
藤戸家の先祖を辿る旅に。

 

 

2016_00000018

きっかけは先祖の遺品から出てきた一枚の家系図でした。

途切れていた曾祖母の家系の手掛かりかも知れない。

Twitter上で崩し字の解析をお願いしたら早速、1人の学生さんが(授業の一環ついでに)解読してくれた!!!アンタすげええええええ!!!

 

 

2016_00000020

持ちうる情報を頼りに両親と共に和歌山県に飛び、奇跡的に先祖の墓を発見、それだけじゃなく、遠い親戚とも出会えるという。
感動的な旅行でした。

 

 

 

 

 

8月・その4|
ハリウッド映画音楽
制作チームと契約。

舞台は台北、そして。

 

 

2016_00000024

先の依頼を正式に引き受け、今年度末より映画音楽のサウンドトラック/特殊効果音を制作するプロジェクトチームと正式契約、参画しました。

3年契約のあいだ、多くの事を学び、そして生み出そうと思います。

プロジェクトの拠点が台北とハリウッドということもあり、頻繁に台北に滞在してます。が!!!日本での業務も勿論あるので、最近になると朝5時に台北に向かって夕方には羽田に戻ってくるという殺人的スケジュールになっています。エコノミー症候群になりそう

ぶっちゃけ引き受ける時に覚悟はしてました。「いままでの業務を捨てることなく、新しい業務を広げる」という目的を掲げて引き受けたので、これぐらいの忙しさは気にし・・・ない訳ないでしょう。ぶっちゃけ航空費は月額支給以上は自腹なんだから。金が湯水のように流れていく。これにハリウッド滞在(最悪0泊2日とか)が追加されるのです。正直に言います。3年間で600万の航空費が吹っ飛びます。愉しいけどマジ死ぬ。

でも愉しい。自分で選んだ道ですもの。
大変だけど、これほど生きてる実感がする、こんな経験が出来る事、全てがワクワクしてます。

 

 

 

僕は、小さい頃の夢を叶えました。
僕の人生は固まる事なく、
常に動き続けます。
人生なんてジャムのようなもの。

 

 

みなさんは 叶えてますか?

 

 

 

 

 

 

9月|
台湾日帰り往復祭り、
そして、リスが友達に。

 

 

2016_00000022

SNSを観ての通りです。日本の業務もあるので日帰り祭りです。はじめの頃はスタッフT女史が送り迎えしてくれたんですが最近は無視されてます(送り迎えしてくれなくなった理由のひとつは、せっかくT女史が迎えで空港で待っていても、僕が税関検査特別なお部屋ご招待されることが有りましてですね、定刻通りに出れないんですね。それを空中分解の兄妹に殺気混じりで談笑しているところから(以下略))

 

 

泊まった時はいつも早朝、中正記念堂内の庭園を散歩してるんですが、あそこに大量のリスが居るんですよ。そのリスに会うのが日課というかもうどうでも良い話ですね。次行きます。

 

 

 

 

 

10月|
ジェッジジョンソンONEMAN
“MILKMIX NITE EXTRA”

 

 

r0001939毎秋恒例ONEMAN「ミルクミックスナイト」です。過去のアルバムの再演を基軸にしながら、「ベスト盤のようなワンマン」という位置付けのMILKMIX NITEですが、今回はLEDディスプレイが実装されたせいか「VJ朝倉涼と愉快なジェッジジョンソン的な何か」なワンマンでした。

 

 

r0001848

まぁ冗談はともかく、映像の破壊力が凄まじい。

 

 

r0001795

今までのライヴの中でも屈指のエンターテイメント空間を作り出せたと思います。

 

 

 

 

 

11月|
一週間前のワンマン発表、
現体制ラストのステージ。

 

 

jedze_25

一週間前の突然のワンマン発表、ホントすいません。

でも多くの人が予定が有ったにも関わらず、あんなにも集まってくれたこと、嬉しかったです。この場を借りて改めて御礼申し上げます。

 

このワンマンは現メンバーで演奏する最期のステージでした。

病気に倒れた僕を復活まで支えてくれたメンバーに心より感謝です。

 

と、言っても今のメンバーは大概しょっちゅう呑んでるメンツなので、あんまし最期って意識が薄くてですね・・・。

 

 

 

 

 

12月|
新プロジェクト「Batius」発表。

 

 

jacket_006

突然の発表ですが、実はかなり昔から水面下で動いていました。

アンビエントミュージック/サウンドトラック/インストゥルメントに特化した音楽プロジェクト「Batius(バティウス)」がスタートします。

自分で言うのもアレですが、ジェッジやって作曲してプロデュースして台湾飛んで、よくもまぁ作ってるなぁと・・・。

 

2017年1月1日元旦、公式サイトにて全曲無料ダウンロード(一定期間)が始まります。そして2月、iTunes Store先行配信やショップ発売が始まります。

 

「え、販売する前に全曲無料でダウンロード?」と思ったでしょう。

無料です。無料ですが、iTunes配信版やパッケージ版とアレンジが一緒ではない、かも、知れ、ま、せんね!!!収集癖の有る方には垂涎の一品です。

 

 

 

 

 

終わりに|
そして、ハリウッドに行ってきます。

 

 

2016_00000023

移住とかじゃないです「滞在」です。

しかも日本での業務もあるので頻繁に帰ってきます。

 

業務が一件増えただけです。しかも
それが、たまたま海の向こうだっただけです。

 

7日間ハリウッド/5日間東京/3日間台湾みたいな感じです。にも関わらず「お別れ会」とか「送別会」の話になっていて「うわぁ・・・」という感じです。戻って来れないじゃん・・・。

 

 

 

新章「ハリウッド編」
来年早々スタートです。

 

 

 

そしてジェッジジョンソン、
2017年、最新アルバムが発売です。
2部作の後編、いよいよ発売です。

 

リリースなど連絡事項は元旦にアナウンスさせて頂きます。

 

 

皆様、来年もジェッジジョンソンを
宜しくお願い申し上げます。